この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

綺麗な部屋を維持するため

無駄な手間を発生させない

窓を拭く時は、上から下に作業を進めましょう。
床を拭く場合は、奥から手前に移動することを意識してください。
この順番を守らないと掃除した場所を汚したり、同じ場所を繰り返し拭いたりするので効率が悪くなります。
正しい順番で拭き掃除を行えば、2度手間にもならずスムーズに終わります。

床を拭く場合は、奥からスタートしましょう。
そして、少しずつ後ろに下がりながら作業してください。
最後にドアの前に行けば、足跡がつくこともなく綺麗な床を維持できます。
また、たくさんの家具があると拭き掃除をする際の邪魔になります。
ですから拭き掃除を行う前に、邪魔な家具を片付けることもポイントです。
準備を整えてから、拭き掃除に取り組みましょう。

コの字型を心がける

広い床や窓を拭く際は、コの字型を意識してください。
すると拭き残しが出ないので、全体が綺麗になります。
テーブルを拭く場合は、まず枠からロの字型に4つの辺を拭いてください。
次に中に進み、奥から手前にコの字型になるように拭くことがコツです。
テーブルは食事をするところなので、常に綺麗にしなければいけません。

汚れが残っているままでは不衛生で、バイ菌が食事に付着する可能性があります。
そしてバイ菌が付着した食事を摂取すると、人体に悪影響を及ぼすので気を付けてください。
最低でもテーブルは、毎日拭きましょう。
床や窓は数日に1回、時間がなければ1週間に1回でも構いません。
毎週、日曜日を拭き掃除の日にするのもおすすめです。


TOPへ