この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

頑固な汚れを落とす時

食器用の洗剤の使い方

どうしても水拭きだけで落とせない汚れがあったら、洗剤を使ってください。
わざわざ住宅用の中性洗剤を買うのが面倒なら、キッチンで使っている食器用の洗剤でも構いません。
まず洗剤を、雑巾に揉み込んでください。
洗剤をたくさん使う必要はなく、この時は1滴か2滴程度で十分です。

そして拭き掃除を行い、終わったら洗剤が含まれていない雑巾に持ち替えて、もう1回同じところを拭いてください。
最後に乾いた雑巾で拭いて、拭き掃除の終了になります。
食器用の洗剤は身近な存在なので手軽ですが、このように手間が掛かることを忘れないでください。
面倒な手間を削減したいなら、普段から大きな汚れが付かないように気を付けることがポイントです。

何度も拭きたくない人

住宅用中性洗剤は、食器用の洗剤のように何回も拭く必要はありません。
1回で拭き掃除を終わらせられるので、手間を削減したい人におすすめです。
いつ使う事態が訪れても良いように、用意しておきましょう。
また洗剤を使って、床や窓全体を拭く必要はありません。
特に汚れている部分や、なかなか落ちない頑固な汚れが付いている部分だけで十分です。

他の部分は、水拭きだけで終わらせましょう。
すると、拭き掃除全体の時間を短縮できます。
また洗剤は、使用量を守ってください。
早く拭き掃除を終わらせたいからと過剰に使うと、窓や床にダメージを与えます。
パッケージに適量が記載されているので、それを守りましょう。
適量を使えば、綺麗に汚れを落とせます。


TOPへ