ネットショッピングの注意点

決済代行サービスとは

決済代行サービスとはネットショップやクレジットカード会社などの間に立ってクレジットカード決済、コンビニ決済、携帯のキャリア決済などの多種の決済を一括の契約とシステムで導入することができるサービスです。
特にネットショップにおいては決済は絶対に必要なもので、その中でもクレジットカード決済の割合はとても高く決済代行サービスの導入は必要不可欠なものとなっています。

各クレジット会社や各コンビニなどそれぞれ個別に導入となると締日や入金のタイミングなどもそれぞれ違うものになってしまって管理することが難しくなりますので決済代行サービスを利用することが一般的となってきています。
購入するお客様の利便性のためにはできるだけ多くの決済方法があることが望ましいので決済代行は時代に合わせて進歩していくサービスと言うことができるのです。

クレジットカードの決済代行

最も決済の際に利用されることの多いクレジットカード決済の決済代行はどのようにして行われるのかを説明していきます。

ネットショップで買い物をした場合、購入者がクレジットカードでの支払いを選択し商品を購入します。
ネットショップは決済代行会社経由でクレジットカード会社に与信を行い、また決済代行会社経由でクレジットカード会社の与信結果がネットショップに返ってきます。
クレジットカード会社は購入者の口座から代金を引き落としたら明細書を発行し、決済代行会社はそれぞれのクレジットカード会社から集めた商品購入代金から手数料を差し引いた額をネットショップに入金して完了です。

複数あるクレジットカード会社とのやりとりを簡素化するために決済代行会社は必要とされているのです。