できるだけリスクを避ける

決済代行のメリット

決済代行会社のサービスを利用するメリットは何と言っても一つのシステムの導入だけでさまざまにある決済方法を一括で契約することができることです。
利用する側は申し込みをするだけで他の全ての手続きを決済代行会社が代行して行ってくれます。
さまざまな決済方法で支払われた売上代金から決済代行会社を利用するための手数料を差し引いたものが月々計上されますので経理の処理なども簡単に行うことができるようになるのです。
そのため、利用者はネットショップなどの運営やサービスの提供に集中することができるようになります。

また、クレジットカード決済を導入する時は審査が必要となりますが、審査を通るためのアドバイスなども行っている場合があり、決済関係に関しては全てのことに大きなメリットとなります。

デメリットから考える決済代行

当然のことではありますが、決済代行サービスを利用するためには手数料がかかります。
契約手続きからキャッシュフローを管理し、利用できるところまで全てを行ってくれるのでそれ相応の金額となり、決して安いものではありませんので、クレジットカードや銀行振り込み、電子マネーなどを利用する顧客が少なければ利益は少ないものとなりますので注意してください。
手数料の内訳は利用する会社によって違ってきますが基本的には初期手数料と決済時の手数料、運営手数料となり、毎月どのくらいの金額がかかるのかを事前に確認することが大切です。

また、購入者やクレジットカード会社などとのお金のやり取りを全てお任せすることになりますので、決済代行会社は慎重に選ばないと個人情報の流出などのトラブルが起き、信用をなくす結果となりかねません。